株式会社 ユタカ工業・ユタカハウス

MENU OPEN

株式会社 ユタカ工業・ユタカハウス

HOUSE

ユタカの家づくり

ユタカ工業の住まいの考え方

トータルバランス+気密性

ユタカ工業では、デザイン・品質・価格のトータルバランスを重視したご提案をモットーとさせていただいております。
長期にわたりお住まいになられる訳ですから、出来るだけ使いやすく、それでいてチープではなくデザイン的にもお客様の好みに応じてアクセントを入れてメリハリをつけたり、特徴を持たせたオンリーワンをご提案します。

気密性についてはユタカ工業の住まいの大原則として位置付けております。
昨今エネルギー問題として、原油価格上昇・原子力発電の運営問題・太陽光発電の普及・シェールガスの将来性など、いろんなことが話題となります。私共ユタカ工業は、エネルギー事情がどう変化しようと「少ないエネルギー量」で維持できる住まい、つまり住宅にムダな隙間がない「高気密」にこだわりぬきたいと考え、隙間相当面積C値0.5㎠/㎡を標準施工基準とさせていただいております。

C値は低いほど性能が高く、国が定めた省エネルギー基準で2.0㎠/㎡です。ユタカ工業の家はそれを大きく上回る0.5㎠/㎡を標準としています。

CGイメージ

ユタカ工業ではより具体的にイメージしていただけるよう、
コンピュータグラフィックで外観・内観パースを作成させていただいております。

外 観

建築予定地写真

お客様の建物CG写真

完成写真

お客様の建物CG写真

完成写真

内 観

内観パースCG

実際の完成写真

内観パースCG

実際の完成写真

内観パースCG

実際の完成写真

ユタカ工業の建築方法
JOY・KOSパネル工法

主な特徴
炭化コルクと硬質ウレタンフォームを一体化した「ジョイ・コスパネル」を使用した世界初の複合断熱パネル住宅。
優れた耐震性・断熱性・防臭・防音効果・除湿、加湿効果と、気密性の高い設計・施工、優れた24時間換気システムを組み合わせることで、快適に安心して暮らせる住まいをご提供します。

2×4工法

主な特徴
正式には「枠組み壁工法」。2インチ×4インチの大きさの材料を基準として規格の大きさ数種類の組み合わせで、家の骨組みを構成。壁を合板で覆ってしまう工法なので、比較的「揺れにくく気密施工に向いている」といえます。

在来・合板貼工法

主な特徴
日本の伝統的な工法+筋交い代わりに合板を取り付けることで、構造を強化と気密性を確保したユタカ工業の独自基準工法。比較的、間取りの制限を受けにくいので間取りの変更を伴うリフォームが比較的行い易い工法です。

ページの先頭へ